読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかせっとHatena

漫画家「なかせよしみ」がちょっとまとまった文章を公開するためのブログ

第2回いっせい配信「創作同人2017年3月」レポート

原稿やイベント等のスケジュールでレポートが遅くなってしまい、申し訳ありません。去る3月20日に第2回いっせい配信「創作同人2017年11月」が実施されましたが、その際の経緯と結果についてまとめたいと思います。

 

 

 

企画のエントリー状況

まず、今回エントリーしました作品の紹介です。表はエントリーが確認された著者のお名前順となっています。

  企画エントリー本 著者 発行元 配信先
1 蒼の男シリーズ DOOM BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
2 蒼の男シリーズ BLOND BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
3 蒼の男シリーズ RAZOR BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
4 蒼の男シリーズ ROSE BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
5 蒼の男シリーズ LUCK! BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
6 蒼の男シリーズ PLEASE BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
7 蒼の男シリーズ MAGENTA BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
8 蒼の男シリーズ NO ROSE BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
9 SingleCut BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
10 蒼の男シリーズ 愚者の王冠 BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
11 belne マンガ描き40周年記念本 40th BELNE アートファクトリィ BOOK☆WALKER
12 チャンバラ・ヴァルキリー 上 えしま長月 電脳吟遊館 BOOK☆WALKER
DiGiket
DLSite
13 チャンバラ・ヴァルキリー 中 えしま長月 電脳吟遊館 BOOK☆WALKER
DiGiket
DLSite
14 雪待月selection いわみゆうこ 雪待月 BOOK☆WALKER
15 ハーメルンの幻燈師 02 OPENEND JUNCTION 樫居晶 空風館
NCTION
Amazon Kindle
16 ハーメルンの幻燈師 03(完) OPENEND JUNCTION 樫居晶 空風館
JUNCTION
Amazon Kindle
17 氷の惑星にて 八木ナガハル 人類圏 Amazon Kindle
18 とある理系の大学院【1】 小出よしと 小出よしと BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
19 赤毛の恐怖の大王アン 新居さとし 新居さとし BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Pixiv BOOTH
20 たちばな学園女子寮物語 新居さとし 新居さとし BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Pixiv BOOTH
21 ナナミインターナショナル41: ミニマムセンチュリー 猫&実録まんが 十野七 ミニマムセンチュリー
ンチュリー 猫&実録まんが
BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
22 こたつ smison BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
23 猫の恋 smison BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
2 閉塞通信2 なかせよしみ まるかふぇ電書 BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Paboo
Apple iBooks
楽天 Kobo
25 創作同人電子書籍のススメ: 電子書籍配信フォア・ビギナーズ2017 なかせよしみ まるかふぇ電書
配信フォア・ビギナーズ2017
BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Paboo
Apple iBooks
楽天 Kobo
26 でもくらちゃん book4 なかせよしみ まるかふぇ電書 BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Paboo
Apple iBooks
楽天 Kobo
27 映画空館 砂虫 隼 まるかふぇ電書 BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Paboo
Apple iBooks
楽天 Kobo
28 竜の飼い方教えます01 砂虫 隼 まるかふぇ電書 BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Paboo
Apple iBooks
楽天 Kobo
29 竜の飼い方教えます02  砂虫隼 まるかふぇ電書 BOOK☆WALKER
Amazon Kindle
Paboo
Apple iBooks
楽天 Kobo
30 四角四面段ボール 八田林檎 ロクハチ屋 BOOK☆WALKER
31 マイムラのみぢかいまんが 舞村そうじ RIMLAND BOOK☆WALKER
32 移動する祝祭 舞村そうじ RIMLAND BOOK☆WALKER
33 RIMLAND 舞村そうじ RIMLAND BOOK☆WALKER
34 RIMpack2011〜2013 舞村そうじ RIMLAND BOOK☆WALKER
35 うひょねこ団9 大空真紀 まるちーず BOOK☆WALKER
36 握手の神様 総集編 小津端 うめ 千秋小梅うめしゃち支店 BOOK☆WALKER
37 インターフェロン 森河洞 森河洞 BOOK☆WALKER
38 よんこままんが あちこさん 2 藤村阿智 メルプのお部屋 BOOK☆WALKER
39 とりくさ他 再録集2012末〜2015初 バードマン バードマン BOOK☆WALKER
40 Finland Travel 樹港、N nekoism BOOK☆WALKER
41 3Dプリンタ持っていないのに 3Dスキャナ「SENSE」をレンタルする暴挙 樹港、N nekoism
ャナ「SENSE」をレンタルする暴挙
BOOK☆WALKER
42 にちボド!- ボードゲームコミック(JPG版) たかみ弌 ein
Pixiv BOOTH
43 にちボド!!- ボードゲームコミック(JPG版) たかみ弌 ein
Pixiv BOOTH

 

 エントリーした作家数は第1回の24人に対して今回は21人、作品数は第1回の40作に対して今回は42作。前回に比べてほぼ横ばいの規模に収まりました。エントリーした書籍に関する詳細は企画サイト内の一覧から見られます。

https://sousaku-doujin-epub.jimdo.com/いっせい配信作品#創作同人2017年3月
 

マグネットの不具合 

「いっせい配信」の企画は昨年夏の「コミティア同日配信」を含めて今回で3回目といなりますが、企画をサポートする側の対応としては、前回の「創作同人2016年11月」の要領に準じる形で、特に新しい要素は加えず臨ませていただきました。

ところが、それでも思わぬトラブルというものは起きるもので、「いっせい配信日」の10日前に、私の方にマグネットの不具合の一報が届きました。

企画では以前より「最も配信初心者に易しく、電子書籍読者が安心できる品質」の電子書籍配信として「マグネットでepubデータを作成→B☆Wに配信登録」という手順を推奨していました、マグネットの不具合はその肝心の「epubデータ」が生成できない、という状況のものでした。

急遽、方々に問い合わせたところ、その不具合の解消は「第2回いっせい配信」に作家さんたちがエントリーする時期に間に合いそうにないことが判明。そこで、企画の公式アカウントからは以下のような呼びかけを発信させていただいた次第でした。

この呼びかけに対して、3名の作家さんより連絡があり、その後は個々とのやりとりで、うち2名は私が代行でepubデータを作成して、残り1名は自力で別のepub作成手段を習得されて、無事にエントリーに漕ぎつかれました。

 

また、この件については以前、マグネットの改善について口を利いていただいたB☆Wに情報共有しましたところ、B☆W側は「第2回いっせい配信」にエントリー予定の作家さんへの配慮を下さり、本来の登録期限より遅い登録でも3月20日配信の段取りをつけて下さいました。そこで、3月13日に企画アカウントより以下のような告知も出させていただきました。

おかげさまで、今回は合計18名の作家さんがB☆Wでの配信にこぎつけることができました。

マグネットは現時点(5月10日)もシステムがまだ「万全な状態」には復旧していないのですが、実は3月15日頃の時点で騙し騙し使えば「epubデータの生成」まではできる状態に復旧していました。

ただ、この不具合でもしかすると数名の作家さんが「第2回いっせい配信」へのエントリーを見送れられていたかもしれませんので、この先の「いっせい配信」でも同様なトラブルを回避すべく、代替手段の提唱なども行う方がいいのかもしれません。

 

BOOK☆WALKERのキャンペーン等

B☆Wには上記の企画参加のための配信登録期限の延長以外に、今回も前回の「2016年11月」に引き続きB☆Wでエントリーした作品一覧を掲載したページをストア内に用意していただき、書籍価格の20%のコインを還元するキャンペーンを開催いただきました。

 

ちなみに、コインバックキャンペーンが適用されて販売された書籍のロイヤリティは通常の場合と同じく「(書籍価格ー消費税)の50%」が払われ、読者が取得するコインはB☆W側の取り分からの出費になっています。だから、毎回のキャンペーンの開催には「いっせい配信企画」に寄せるB☆Wの期待の大きさを感じざるおえません。

 

余談ですが、今回のエントリー一覧ではBELNE先生が「蒼の男シリーズ」を合計8冊を一気に出されていますが、実は先生が2月のCOMITIA119にてB☆Wの企業ブースに紙書籍を提出されていました。

B☆Wは先日の「COMITIA120」と「第二十四回文学フリマ東京」でもブースを出されており「スキャン→EPUB化→配信」のサービスを提供されていました。次の日曜の5月14日の「関西コミティア50」にもブースが出される模様です。

その後のブース出し予定は未定のようですが、さしあたって、自分が参加しているイベントにB☆Wのブースが出ていれば、手持ちの同人誌を一冊持って、書類を埋めれば、もっとも簡単な形で電子書籍配信がはじめられます。

また、イベント当日に差し出す本が手元にない場合も後日に郵送して配信依頼ができる封筒をブースで配布していますので、その封筒だけでも入手されておくといいかもしれません。

 

いっせい配信の結果 

「いっせい配信」の配信日前後は、今回もまた企画参加の作家のみなさんが、エントリーした書籍について、あるいは企画そのものについての情報を発信して、この企画「#創作同人電子書籍」のハッシュタグtwitterをにぎわせて下さいました。

画像つきのツイートを発信された作家さんのツイートを今回も企画サイト内に取りまとめましたのでご覧下さい。>創作同人2017年3月広報画像 - 「創作同人電子書籍」いっせい配信企画

 

 その結果として販売の推移については、各作家自身は各自の状況をご存知だと思いますが、それを私を含めて他者が確認できる方法はないので、あくまで参考のために、私自身が自分と砂虫さんの本を売ってる「まるかふぇ電書」の今回のエントリー本のグラフをお見せしたいと思います。

 

f:id:y_nakase:20170509090851j:plain

販売のほとんどはAmazon KindleBOOK☆WALKERに集中しました。Kindleは初日のみに売り上げが大きく伸び、4月に入ってからも低いピッチながら販売が続く形になりました。他方、B☆Wは初めの数日間は好調である一方でキャンペーンが終わった29日以降は売れ行きがぱったりと 止まりながらも、Kindleとほぼ互角の販売成績を見せました。

徐々にではありますが、個人出版電子書籍配信事業では先行していたKindleにB☆Wもキャンペーンなどの打ち出しで並んできた状況が伺えます。

 

また、販売に関して今回の私が特に注目したのはKindleでの登録でエントリーされていた八木ナガハルさんのこちらのツイートでした。

早くよりKindleでの自主配信活動に参加していて、すでにそちらのSFコミックのジャンルでは一目おかれる存在だった八木さんでした、商業出版までも含めたランキングで3位は、ちょっと目を見張る成果だったと思われます。

先日、八木さんはひきつづき、5月コミティアの新刊本の電子書籍配信を第3回いっせい配信の「創作同人2017年7月」にエントリーされることを表明されました。

 

今後の進行

 結果としては昨年11月の第1回とほぼ同じ状況だった第2回ですが、 徐々に知名度は上がることでその効果も広がっていくものと思われます。そんなわけで、今後も年4回ペースを目処に「いっせい配信」を続けていきたいと考えます。

「いっせい配信日」はなるべく、創作同人で活動の作家が忙しいコミケや東京コミティアの間際は避けて、覚えやすい日程として「祝日」に設定する形で考えています。

第3回以降の日程は以下の通りです。

  • 2017年7月17日(海の日) 第3回いっせい配信「創作同人2017年7月」
  • 2017年9月23日(秋分の日) 第4回いっせい配信「創作同人2017年9月」
  • 2017年11月3日(文化の日) 第5回いっせい配信「創作同人2017年11月」

 ちなみに、第5回は以前は11月23日の「勤労感謝の日」を検討していましたが、COMITIA122の日程がこれに被ってきましたので、昨年と同じ「文化の日」に設定しなおしました。

 

そんなわけで、今後ともこちらの企画をどうぞよろしくお願いします。

第2回いっせい配信企画「創作同人2017年3月」

昨年11月に実施された第1回にひきつづいて、創作同人電子書籍のいっせい配信企画の第2回目:「創作同人2017年3月」が来週の月曜の3月20日(春分の日)に実施されます。

 

3月15日の現時点で企画には17名の作家が合計31作品の配信登録を完了。以下のリンクよりその一覧をご覧になれます。

企画サイト

いっせい配信作品 - 「創作同人電子書籍」いっせい配信企画

 

Togetter

 

 私と嫁さん(なかせよしみ砂虫隼)も今回はあわせて以下の6タイトルの書籍をエントリーさせ、あとは配信日を待つばかりです。

今回、砂虫さんは長年書き続けているファンタジー漫画「竜の飼い方教えます」のシリーズ(現在24巻)の電子化を開始しました。この先、しばらく「いっせい配信」にあわせて2冊ずつ刊行していく予定です。

一方、私は「でもくらちゃん」のシリーズ最終巻のBook4を今回出しました。この本の大半は2009年に出しました商業単行本版には収録されていないエピソードですので、単行本をお持ちの方も、ぜひこのBook4はご入手下さい。

 

 

 

  

 

「ーほう。こやつ犬ではないぞ」 

満月村出身の侏儒族「魚民鳥猫(うおたみとりねこ)」。彼女

が雨の日に道端で出会ったのは飛竜(ワイバーン)の幼獣であった。

「空」と名付けた竜の子は「芸」に励む鳥猫の日常に彩りを加える。

 

異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第1話。

1997年から現在も「乱痴気事虫所」より自主出版で執筆中の漫画シリーズを電子化。

「創作同人2017年3月」参加作品。

 

 

さて、この創作同人電子書籍の「いっせい配信」企画…

昨年の後半に私が、漫画同人誌即売で活動の創作同人の作家、ならびにそれに近い活動形態の作家が「電子書籍」を販売することを推奨、応援する目的で立てたもので、電子書籍ストアに登録できるオリジナル作品をお持ちの作家さんは誰でも参加可能すが、

…実は今回の日程では思わぬトラブルが発生しました。漫画の原稿をストアで販売するepubファイルに加工するにはちょっとノウハウが必要ですが、その作業に使うことを企画側で推奨していたマグネットのシステムが使えない状況が3月上旬に発生していました。

3月20日に確実に書籍を配信するためにはKADOKAWABOOK☆WALKERでは3月13日までに登録を済ませないといけないのですが、どうやらマグネットのこの状況でそれに間に合わない作家が出る。その状況をB☆Wに相談しましたところ、処置を講じていただけたので、以下のような告知を出しました。

https://pbs.twimg.com/media/C6ySEIhV4AAP1ZJ.jpg

 そんなわけで、B☆Wでの配信登録は17日の正午まで可能です。(Kindleでの配信登録は18日いっぱいまで可能です。) 現時点で電子化を考えているオリジナル作品をお持ちの方は、まだまだ間に合いますので、ぜひご参加下さい。

 

 

2016年を振り返る

2017年の正月があけて4日目となりましたが、新年あけましておめでとうございます。

昨年は後半より私は「創作同人誌」の電子書籍を「いっせい配信」する企画を立ち上げ、そのサイトを拠点に電子書籍化のノウハウや、出版物のレビューなどを発信する活動を開始しました。

本年はその活動に更に拍車をかけ、創作同人のフィールドでマンガ、イラスト、ライトノベル等々の発行物を出版されている作家の皆様に電子書籍の販売」をより身近で乗り出しやすい頒布手段として受け入れやす土壌に仕立てて行きたい所存です。

f:id:y_nakase:20170104030017j:plain

 

2016年は実は私のとって「電子書籍」についての認識を大きく変える年になりました。

2015年の末頃、私は「まるかふぇ電書」のレベールで5つのストア(KindleKoboiBooksBOOK☆WALKER、Puboo)で自分(なかせよしみ)と妻(砂虫隼)の同人誌バックナンバーを30タイトル近く電子書籍で発行して販売していました。その売り上げ数は「紙の本を再版して販売するかどうか迷う」程度の数字で、「イベントで買い逃した人が買っているのだろう」という推測が成り立つ程度でした。

f:id:y_nakase:20170104070742p:plain

なんとかストア販売の電子書籍もイベントで紙本も販売数を伸ばせないものかとと画策していましたが、それにはまず、より「魅力的な企画」を打ち出し、より「魅力的な作品」を仕上げるしか方策がないものと考え、企画力作品力の向上に全精神を傾ける姿勢を維持していました。この2つが大切であるという認識は今でも変わらず、それを磨き上げるために日々精進はつづけています。しかし、それだけでは足りないことに気づいたのはこれらの2作品を公開した時でした。

電子書籍まとめサイトきんどう」による2016年1月8日に「餅マンガ」を同時発行する企画への参加という形で公開したこの2作品は、いきなり私が発行した電子書籍のなかでの一ヶ月の販売数の一位の記録を打ち立てました。それまで発行した本と企画内容や作品自体の魅力ではさほどの大きな違いがないように思われたこの作品。販売数を引き延ばした大きな要因は間違いなく電子書籍界で注目度が高い「きんどう」の広報の力だと気づかされました。また同時に「イベントで買い逃した」読者だけではなく、イベントに来場する読者層とは別の電子書籍で創作同人的な作品を好む読者層が潜在することも判明しました。

残念ながらこの広報力の高かった「きんどう」の企画は2回目の「ラーメンマンガ」企画に作品が集まらず、この第1回で終了しました。しかし、その傍らで私自身が方々に働きかけることで独自の広報力を生み出せる「企画」の模索した結果、2016年の「まるかふぇ電書」売り上げは以下のような経過を辿りました。

 f:id:y_nakase:20170104042507j:plain

 グラフでお気づきだと思いますが、販売が2015年時点に比べて3倍くらいになりました。また、BOOK☆WALKERの販売がKindleに並びました。広報に力を入れた企画の影響は如実に表れています。それでも、私の打ち出した企画の影響力はまだまだ「餅マンガ企画」には到底及んでいません。つまり、まだまだ「伸びしろはある」ということです。広報の力でいかにこれを伸ばしていくかが今後の課題です。

広報でものを言うのは「情報量」です。企画により多くの方々が参加していただき、各人がご自身の著書について、企画について、創作同人の電子書籍化について、また他の方の作品について情報を発信していただければ情報量は格段にあがり、大きな広報力を生み出し、その結果が各々の参加作家さんの販売に還元されます。

f:id:y_nakase:20170104070812p:plain

今年はさらに「創作同人電子書籍」についての情報をお寄せいただきやすく、また円滑に活用できる方策をさまざま打ち出していきたいと考えています。ぜひ皆様にはこの活動にご注視いただき、ご意見やご感想などいただければと願います。

今後ともどうぞ、よろしくお願いします。 

 

 

 

「企画3本柱の立ち上げ」と「ちょっと補足」

企画サイトの改変

11月3日に実施されました創作同人電子書籍第1回「いっせい配信」企画(創作同人2016年11月)より、はや3週間がたちました。配信された書籍は販売数がまだ持続している様子です。その間に「次の展開」をというわけではないですが、実はここ数日で企画サイトの方に大きな改変を加えましたのでご紹介します。

具体的な改変内容は以下3つのページの新設です。

 『作品レビュー』のページ

https://pbs.twimg.com/media/Cx92cfKUkAAoG1r.jpg 

 『電子化リクエスト』のページ

https://pbs.twimg.com/media/Cx-yAWPUkAEyAqw.jpg 

『連絡先』のページ

https://pbs.twimg.com/media/Cx0BmWbVIAUDTuZ.jpg

 

企画側ではこれらのページを拠点に「創作同人電子書籍」のレビュー情報の集積企画と、読者が希望する作品の電子書籍化の推奨企画の拠点を立ち上げ、いっせい配信企画の実施と合わせて3本の柱にしたいと考えています。

これらの新しい企画にもぜひ、ご注視ご参加いただきたく思います。どうぞ、よろしくお願いします。

 

 「いっせい配信」企画についてちょっと補足

最後に上記の話とはあまり関連がありませんが、「いっせい配信」企画の意図について、最近ツイッターの方でちょっとまとまった話を書かせていただきました。企画に参加されるのに必要な話というわけではありませんが、興味がある方は一読願えればと思い、以下に貼らせていただきます。

 

 

第1回「いっせい配信」企画結果と今後の展望

11月3日に創作同人電子書籍第1回「いっせい配信」企画(創作同人2016年11月)が実施されて12日経ちましたので、そろそろ企画についての結果をご報告したいと思います。

 

https://pbs.twimg.com/media/CwUbPbaUUAAOque.jpg

 

概要 - 「創作同人電子書籍」いっせい配信企画

この企画は漫画同人即売会などに参加して、漫画、ライトノベル、イラスト等のオリジナル作品の冊子を発行する活動をされている日本全国で総勢4桁の人口にも上る作家さん(創作同人作家)が「電子書籍」も活動の範囲に取り入れられることを推奨する目的で実施しました。具体的には、電子書籍をいっせいに配信する日程を定めることで以下の効果を期待するものでした。

  1. 創作同人誌の電子書籍配信活動をはじめるのに良い機会を作ること。
  2. 配信には必須な作家自身による広報活動を集約して発信力を高めること。

この企画に先立ち、今年の8月21日には東京で開催の創作漫画即売会「COMITIA117」にあわせて「紙&電子同時発行」企画を実施しました。今回の企画はその8月企画に対する反省点等を踏まえて新たに立ち上げたものでしたが、主だった改変は以下の通りです。

  • 紙冊子の発行時期を問わず「はじめて配信される電子書籍」を対象とした。
  • いっせい配信日は一回きりにせず、間隔をおいて連続的に設定することにした。
  • 配信日を1日間に限定せず、前後1〜2日の誤差を許容可能とした。

以上より、作家は各人の都合のいい時期に、自由度の高い日程で電子書籍化にのり出せる企画になりました。

 

企画のエントリー状況

エントリーした書籍の一覧は企画サイトで見られます。>http://sousaku-doujin-epub.jimdo.com/企画参加書籍/

 

概要をまとめるとつぎの通りです。

 

 

企画エントリー本(登録確認順)

 

著者

発行元

配信先

1

RED&BLUE5

木村聡 

WEB MANGA ZUIZAN

BOOK☆WALKER

Kindle

2

草原を行く風

いわみゆうこ

雪待月

BOOK☆WALKER

3

創作同人電子書籍のススメ

なかせよしみ

まるかふぇ電書

BOOK☆WALKER
Kindle
Paboo
Kobo
iBooks

4

そぞろ寒

smison

Kindle
BOOK☆WALKER 

5

MP-ML1

川太郎

MP-ML

BOOTH
BOOK☆WALKER

6

時空救助隊うさぎレスキュー完全版

十野七

ミニマムセンチュリー

Kindle

7

applesongs

しょうじ

ひでまさ

appleorchard

BOOK☆WALKER

8

かっぱとせ

斉所

斉所

Kindle
BOOK☆WALKER 

9

みひらき。

ハチマキ
くろだ

ハチマキ球団

Kindle

10

もぐもぐ米

砂虫 隼

まるかふぇ電書

BOOK☆WALKER
Kindle
Paboo
Kobo
iBooks

11

食べ物漫画の舞台裏

砂虫 隼

まるかふぇ電書

BOOK☆WALKER
Kindle
Paboo
Kobo
iBooks

12

うひょねこ団10

大空真紀

まるちーず

BOOK☆WALKER

13

Woldirous Sin 9

報沢

M2BRAND

Kindle

14

Woldirous Sin 10 前編

報沢

M2BRAND

Kindle

15

Woldirous Sin 10 後編

報沢

M2BRAND

Kindle

16

大江戸七十七夜

クロ僕屋

クロ僕屋電書

Kindle
BOOK☆WALKER 

17

十月の不死者の回想 前編 Woldirous Sin

報沢

M2BRAND

Kindle

18

十月の不死者の回想 後編 Woldirous Sin

報沢

M2BRAND

Kindle

19

ロンドンの佳き日 採録 5

BELNE

アート
ファクトリィ

BOOK☆WALKER

20

ロンドンの佳き日 採録 6

BELNE

アート
ファクトリィ

BOOK☆WALKER

21

ロンドンの佳き日 採録 7

BELNE

アート
ファクトリィ

BOOK☆WALKER

22

春陽

BELNE

アート
ファクトリィ

BOOK☆WALKER

23

レゾンデートルへようこそ

保スカ

e-comebook

BOOK☆WALKER
Kindle

24

でっかいちゃん

Giantess DEKKAI-CHAN 1

新居さとし

新居さとし

Kindle
BOOK☆WALKER
BOOTH

25

でっかいちゃん

Giantess DEKKAI-CHAN 2

新居さとし

新居さとし

Kindle
BOOK☆WALKER
BOOTH

26

夜のでっかいちゃん

Giantess DEKKAI-CHAN of the night

新居さとし

新居さとし

Kindle
BOOK☆WALKER
BOOTH

27

姉とでっかいちゃん

Giantess DEKKAI-CHAN and sister

新居さとし

新居さとし

Kindle
BOOK☆WALKER
BOOTH

28

クリーム e.p.

舞村そうじ

RIMLAND

BOOK☆WALKER

29

サンタクロース・イズ・カミング・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドウ e.p.

舞村そうじ

RIMLAND

BOOK☆WALKER

30

Finland Switch+

樹港

nekoism

BOOK☆WALKER

31

Finland TravelII

樹港

nekoism

BOOK☆WALKER

32

星子島区レポート

秋元なおと

メタ・パラダイム

BOOK☆WALKER
Kindle

33

みかげ

大空真紀

まるちーず

BOOK☆WALKER

34

ハーメルンの幻燈師 01 OPENEND JUNCTION

樫居晶

空風館

Kindle

35

ボドゲカイ:あやつり人形 - ボードゲームコミック

たかみ弌

ein

BOOTH

36

突発性ヘマトフィリアの憂鬱

樫居晶

空風館

Kindle

37

スターチス

保スカ

e-comebook

BOOK☆WALKER

38

でもくらちゃん book3

なかせよしみ

まるかふぇ電書

BOOK☆WALKER
Kindle
Paboo
Kobo
iBooks

39

夜のとばりに向かって 体験版

著者:野浦湘

イラスト:

 南風麗魔

野浦書院

BOOK☆WALKER
Kindle

40

きぃのお迎えとジューシーズ

ちえぞー

バードマン

Paboo
BOOK☆WALKER
Kobo

 

 エントリーした作家数は8月の企画で29人だったのに対して今回は24人で、幾分の減少ですが、作品数は8月が34作に対して、今回は40作で増加。ただ、8月はエントリーとしてカウントしない新刊以外の同日配信を含めると49作ありましたので、その数量と比べると今回はエントリー作品数も減です。ジャンル的にも、8月は文芸成年向けの作品も数点エントリーがありましたが、今回はそれらはなし。つまりは全体的に8月よりエントリー数と内容の幅が幾分縮まった形となりました。

 ただ、今回の企画は一回きりのものではなく、この先長く続けるもの初回です。そう考えれば、これはこれで「そこそこよい立ち上がり」と言えると思います。

 

 企画の販売状況

企画の販売実績については、私自身が販売しているものの売れ行きで企画の全体状況を類推するしかないですが、…今回の販売結果を一番物語るのは多分、私が運営している「まるかふぇ電書」から出している私(なかせよしみ)と妻(砂虫隼)の作品のAmazon Kindleでの販売総数の推移だと思います。8月と今回の企画で重ねて表示したのが以下のグラフです。

f:id:y_nakase:20161115071628j:plain

 配信日直後は8月と今回は同程度のピークを示していますが、その後は今回の企画の方が数割増しで推移しています。「読者へ配信の情報を訴えかける」という企画の意図から考えた場合、8月の企画より今回の企画の方が有効性が高かったと判断できます。

  8月の企画では5月から7月にかけて、企画広報のチラシを数千部を全国のコミティアで配布しました。また8月は数千人が参加する漫画イベントである「COMITIA117」に絡めた実施でした。今回の企画にはそのような物理的な広報はほとんどありませんでした。せいぜい10月23日の「COMITIA118」で私がサークルの新刊として頒布した冊子「創作同人電子書籍のススメ」だけです。

むしろ、今回の企画で広報の中心となって読者へのアピール力を高めたのはツイッターを中心とするネット上の広報活動だったと思われます。

 

 ネット上の広報活動

今回の企画では企画サイト側も、企画参加作家さんも、またBOOK☆WALKERもネット上での「企画広報」に力を入れてられました。

 まず、企画サイトは8月の企画ではエントリー作品一覧を配信日の数日後に作成しましたが、今回は配信日に先立って作成し、エントリーが確認され次第、作品情報を逐一追加していきました。

 また、企画のツイッターアカウントでは企画に関する「#創作同人電子書籍」のハッシュタグ付きツイートを満遍なく拾い、再配信しました。このハッシュタグのツイートは企画参加の作家のみなさんも多く再配信して下さいました。

 

BOOK☆WALKERは8月の企画にひきつづき今回の企画のため特設ページを用意して下さった上に、今回はインディーズ専用ツイッターアカウントでかなりの頻度でそのリンクのツイート発信を今もつづけてられます。

 

また、今回の企画広報を一番頑張られたのはなんと言っても企画参加作家さんでした。企画参加の書籍について、あるいは企画そのものについて画像つきのツイートを発信されたものが多くの読者に印象付ける結果となったと思われます。また、幾人かの参加作家さんはこれらの発信を見て企画参加を決意された様子でした。

 企画に関して作家さんが出された画像つきツイートも企画サイトの方でまとめました。>創作同人2016年11月広報画像 - 「創作同人電子書籍」いっせい配信企画

今後の展開

以前より、電子書籍SNSやインターネットとの親和性の強い媒体であることは感じていましたが、今回の企画ではそれがより実証されたと感じます。

 実は企画の継続を考える上での「いっせい配信日」の設定については、コミケコミティアといった大きな同人イベントの日程と絡めていくべきか、あるいは日程を引き離すべきか迷いがありました。しかし、今回の経験でこれは引き離す方が正解だと感じます。

8月の企画はイベント準備に私を含め、多くの作家さんは手を取られ、電子書籍ストアで展開する企画の広報にはあまり手が回りませんでした。また、今回のようなエントリー書籍の情報の総まとめもオフラインのイベント参加の準備かたわらでは困難でした。

 今回はさらに「いっせい配信日」を「文化の日」という祝日に設定しましたが、これもいくつかのいい結果をもたらしました。実は、翌日が休日とのことで、前日に思い立って急遽、作品の電子化作業をすすめてエントリーが期間内に間に合った作家さんがおられました。

 また、作品受け入れ側としても、BOOK☆WALKERは祝日と土日は書籍の配信手続きは行われないのですが、祝日の前日はそれが稼働しているので、「前日の登録で配信日にちょうど間に合った」という作品も数点ありました。

 そんなわけで、今後もこの企画での「いっせい配信日」はなるべく「祝日」で設定しようと考えています。次回は当初の計画通り、来年の3月20日の「春分の日」の「創作同人2017年3月」となります。

 

この企画のエントリー基準については、今後もひきつづき「はじめて電子書籍化する創作同人誌」の一言のみとする形は継続したいと思います。今後もその内容は「新刊」「既刊バックナンバー総集編」「これから紙冊子化して同人イベントに販売予定の本」といった区分は問いません

 一方で、「企画にエントリーする作品のテーマを統一してはどうか?」という意見も多数寄せられました。「いっせい配信」企画自体はなるべく手軽に参加できて、なるべく多くの作家さんが活用できる機会として維持し続けたいと思いますので、テーマの縛りを設けません。しかし、そのような取り組みを否定するものではないので、企画の内外でテーマ統一での電子書籍発信を計画される方々も応援したいと思っています。

 実はちょうど今、BOOK☆WALKERが企画している12月の「グルメ同人誌フェア」というものがあります。企画のツイートアカウントではこれにまつわる情報も回していきたいと考えています。

 

 また、第2回以降のこちら「いっせい配信」企画内で数名の作家さんがテーマを統一したエントリーなどをなされる場合は、企画サイトでもなるべくそういう動きを紹介していきたいと考えています。面白い企画がありましたらどんどん発信いただければと思います。

 どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

 

参考情報

ところで、今回の企画に際してちょっと面白いデータが確認できたので、紹介させていただきます。

 先にも書きました通り、今回の企画に先立って、8月の企画と今回の企画を紹介した冊子を私はCOMITIA118で発売した後に「第1回いっせい配信」にもエントリーさせました。その販売数の比率を私が配信している5つのストアについて割り出してみますと、以下の結果になりました。 

f:id:y_nakase:20161115071727j:plain

 この結果について二つほど特記したい点があります。

 ひとつはKindleBOOK☆WALKERの販売数ですが、双方ともそこそこは「ある」点です。さすが「電子書籍界の王者Kindle」の方が多いのは多分、以前よりAmazonでの買い物経験があり読者がそちらを選びやすい傾向にあることの現れだと思われますが、それでもB☆Wも無視できない読者数を獲得しています。

今回の企画にエントリーされた作家さんの中にはKindleかB☆Wのどちらか一方のみで配信されている作家さんが結構います。作品内容によって個々のストアでの獲得読者数の比率は違ってくるとは思いますが、この2ストアについてはまだ配信されていない方にも今後は出されることをお勧めします。

 もう一点はお気づきいただきたいのは、ほとんど読者を獲得していないiBooks、Puboo、Koboの中で、Pubooのみが読者を2名獲得している点です。実はこれはPubooがネット上で一番ストレスが少なくサンプルページを読めることに起因していると思われます。実際に開いてみれば納得すると思いますのでお試し下さい。>パブーのサンプルページ 

 

また、ネット上でサンプルを読ませるのにストレスが少ないストアにはもう一つ「マグネット」があります。こちらも読み心地をご確認下さい。

創作同人電子書籍のススメ

 

マグネット - 無料の漫画配信なら

上方で書きました通り「電子書籍」というものはSNSやネットでの活動と親和性が強い媒体です。ネットにおけるこのようにストレスの少ない購読手段は電子書籍の販売促進にとって大きな武器になります。是非とも活用されることをおすすめします。
どうぞ、ご参考にしてください。

創作同人電子書籍 「第一回いっせい配信日」

11月3日にご注目

明日、11月3日は「文化の日」ですが、同時に「まんがの日」でもあることも最近周知されてきました。実は今年のその日を目指して、多くの作家さんが電子書籍ストアで準備を重ねておりました。

 

どういういうことかを具体的に書くと、現在、いくつかの電子書籍ストア(BOOK☆WALKERAmazon KindlePixiv Booth2Dfacto Puboo)で「創作同人2016年11月」と検索すると、いままで町の本屋さんでは見かけることがなかった本がヒットします。これらは『創作同人』の作家さんたちが自らの作品を11月3日前後にあわせて「いっせい配信」を行ったものです。

 

創作同人とは

『創作同人』という言葉に馴染みのない方のために、簡単に解説させていただきます。

 

2012年頃に海外より日本に上陸した電子書籍ストアにより、出版社を経ない個人による出版活動がインターネット上ではにぎやかになりました。しかし、実はそれ以前より日本では紙媒体を用いての漫画やライトノベル、そしてイラスト集の個人出版活動が盛んでした。いわゆる「同人誌活動」ですが、その最大にして代表的な活動拠点が「コミケ」です。

 

コミケ」は年2回、東京の有明にある会場で催される、世界最大の漫画イベントですが、その中核は個人が発行する紙の冊子(同人誌)を作家が自ら販売する活動です。同人誌の内容はもっぱら、テレビや雑誌などで見られる漫画のキャラクターや設定をベースにしたパロディ作品ですが、その一方で全くのオリジナル作品を発行して販売する作家さんも多数います。彼らの発行する同人誌が「創作同人」です。

 

「創作同人」のみを取り扱う漫画イベントも多くあり、年4回東京で開催されているイベント「コミティア」では毎回3000〜5000人の作家が集まり、頻繁に新作を発表しています。これらの本はこのようなイベントに足を運ばないと入手が難しい。しかし、街中の書店でよく目にする商業出版の作品とはちがい、「出版流通」に乗り易い形態に擦り合せる必要ないので、作家のナマの発想や、思いをよりストレート伝えるものが多いのが特徴です。

 

エントリー作品一覧

出版社から出た作品とは一味も二味も違う、そのような作品がこのたび、それぞれの作家さんの手により数多く電子化され、電子書籍ストアでリリースされ、どなたでも手に入りやすい形になりました。今回の「いっせい配信」にエントリーした作品の一覧がこちらのサイト上で確認できますので、ぜひ一度ご覧下さい。

 

f:id:y_nakase:20161102173844p:plain

企画参加書籍 - 「創作同人電子書籍」いっせい配信企画

 

かく言う私(なかせよしみ)も私および妻(砂虫隼)の作品を以下4点、この「いっせい配信」にあわせて電子化させていただきました。

 

 企画の意図

今回の創作同人電子書籍 「いっせい配信」企画は、私(なかせよしみ)が発案提唱したものです。

 

目的はいままで電子書籍の個人配信に乗り出すことに二の足を踏んでいた創作同人の作家さんを後押しすることでした。電子化に関するノウハウを伝えたり、また、その活動の中で必要とする「広報活動」をより効率的なものとし、より読者に伝わり易い形にするように考案しました。特に「配信日」を揃えて大勢の作家で同時に情報発信することにより、エントリーした全書籍が多くの読者の注目を得られるようにしました。

 

実はこの企画に先立ち、今年の8月21日の東京ビッグサイトで創作同人の即売会「COMITIA」の第117回で、その日に発行される新刊を紙媒体と電子媒体の双方同時に配信する「COMITIA117紙&電子同時発行」企画を実施しました。

 

kami-densi-douji.jimdo.com

 

ただ、この企画では参加の作家さんは「イベント参加準備」と慣れない「電子書籍の配信作業」に同時に追われ、広報の方にあまり手が回らない結果となりました。

今回はこれを反省材料に、秋に開催されたCOMITIA118の開催日10月23日から10日間オフセットした日程に配信日を設定しました。参加される作家さんたちが比較的おちついて電子配信に取り組める形となり、様々な形でこの企画情報を広げて下さいました。

http://togetter.com/li/1043356

f:id:y_nakase:20161102180737p:plain


おかげさまで、その情報から新たにエントリーされる作家がいたことも確認されています。

 

この企画がターゲットとする読者層にまで情報が行き渡っているかはまだまだ未知数ですが、今回の企画は一度限りのものではなく、一定期間ごとに「いっせい配信日」を続けて設定しています。徐々に企画の存在の知名度とこれを活用される創作同人の作家さんの数を増やしていきたいと考えていますが、

 

まずはこのブログ記事をお読みの後は是非、今回の「第1回いっせい配信」エントリー作品一覧をご確認ください。気になるタイトルがありましたら、是非、手を伸ばされることをお勧めします。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

「新企画立ち上げ」と「ちょっと実験」

電子書籍に関する近況を少々。

まず、COMITA117「紙&電子同時配信」企画の結果をもとに9月の半ばに新企画を立ち上げ、サイトを作りました。

プッシュする看板を「コミティア新刊」の電子書籍からより広く「創作同人」の電子書籍に変え、ターゲット購買層を「イベントに来たことがない読者」に変更しました。また「いっせい配信日」を定期的に繰り返すことで、ゆっくりこの取り組みを育てていこう、育てて頂こうという計画にしました。

創作同人電子書籍」いっせい配信企画

詳しい内容については、上記の新企画サイトをご覧ください。

 
その一方で、私自身の配信活動としての「まるかふぇ電書」では昨日より、ちょっとした試みを始めました。

実は下記二つの書籍を他のストアでの配信を中断し、Kindle専売としてKindle Unlimitedに投入しました。

「 餅は農産物。餅はでんぷん質。餅は食文化。そして餅はおいしい。 」 

知ってるようで知らない(かもしれない)餅にまつわるお話。4つのエピソードでつづる「餅」四方山話の「餅」漫画読本。2015年12月のコミックマーケットにて「まるちぷるCAFE」より発行の自主出版誌。

Kindle Unlimited 発行: 2016/1/8 (紙版:2015/12/31)内容:25p /価格:100円/容量:4.9MB

「 分かっておくれよぅ もちファンの もちファンタジーを 」 

年末の餅つき、神社や近所の棟上げ.での餅まき、毎年飾る鏡餅、徐々に開拓した餅レシピ。「餅」にまつわる思い出をつづる餅漫画エッセイ。2016年1月開催のComitiaにて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌。 

Kindle Unlimited 発行: 2016/1/8 (紙版:2016/1/30 )内容: 25 p /価格: 100 円/容量: 3.6 MB

 と言っても、私としては現在一番初心者にとって電子書籍配信に乗り出す際のハードルの低いマグネット→BOOK☆WALKERの連携をプッシュし続けたい事もあり、今回の処置はとりあえずKindleセレクトに一旦入れると専売維持の義務として課せられる3か月の期限一杯として、来年明けにはまた他のストア配信の再開を考えています。

 

まずは話題の「Kindle Unlimitied」での配信を自分自身も体験してみたいですし、こういう切り替えがすぐできるのが個人配信のいいところなので、やってみました。

 

でも、実は読者としてはUnlimitiedを使っていない私は、今現在、自分の本がUnlimitedに出ているかどうかはわかりません(^^;)。さしあたって、この本が気になっていた人でUnlimitedを利用している読者さんは、よろしければこれを機会にご一読ください。

 

<9/28追記>

Kindle内でUnlimitedで検索することで出ていることを確認できることを教えていただきました。ありがとうございます。検索の結果、今年1月の餅漫画企画にエントリーした中の5作品が今Unlimitedで読めることも判明!


<9/29追記>

新企画に早速、餅漫画企画でご一緒しました斉所さんよりエントリーの表明をいただきました。

【宣伝】関西コミティア49 新刊『かっぱとせ』 - 粉骨堂ブログ

hunkotu.hatenablog.com