読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかせっとHatena

漫画家「なかせよしみ」がちょっとまとまった文章を公開するためのブログ

4タイトル電子書籍化 ただしKindle以外で

2014年7月7日に新たに4タイトルを電子書籍化しました。

Tech-mates Horizon

Tech-mates_Horizon 

「人とメカのなつかしい未来」を描くTech-matesシリーズ4編収録
「The Assistant」
「The Vender」
「The Editor」
「The Hospital」
2013年発行の自費出版誌を電子書籍

内容:18p
価格:100円
容量:6.6MB
ibooks
Kobo
http://p.booklog.jp/book/87826
 

Tech-mates Panorama

Tech-mates_Panorama 

人とメカのなつかしい未来」を描くTech-matesシリーズ3編収録
「Walker」
「Swing」
「The Crew」
2011年発行の自費出版誌を電子書籍

内容:18p
価格:100円
容量:5.2MB 
ibooks
Kobo
http://p.booklog.jp/book/87825

Tech-mates Flowers

 Tech-mates_Flowers 

「人とメカのなつかしい未来」を描くTech-matesシリーズ4編収録
「Technology&Training」
「Hero参上」
「The Porter」
「Selection」

2010年発行の自費出版誌を電子書籍

内容:18p
価格:100円
容量:5.5MB 
iBooks
Kobo
http://p.booklog.jp/book/87824

漫画の先生ep1. 

漫画の先生ep1.

〆切は明後日の午後5時…。できね〜よ〜」
県立高校の「漫画表現」授業の非常勤講師「響美晴」は

同時に新人漫画家「ひびきみはる」でもあった。

彼女は今日も原稿と教職の間を駆け巡り、奮闘する。


2013年12月に自費出版誌を発行のシリーズ再始動(リブート)第一話。

「ひびきみはるの漫画講座;第1講「起承転結」と物語演出」も収録。

 

内容:41p
価格:100円
容量:11.2MB 

 

 しかし、以上のように今回のリリースはPuboo、KoboiBooksだけとなっています。

 

今回Kindleでのリリースを見送ったのには理由があります。

実はこれらの漫画はいずれ総集本を出す予定を考えているものの、取り急ぎ電子書籍でも購読可能にすべき状況になったものです。そのため自費出版で完売した本をそのままの形で電子書籍化しました。

 

総集本は電子書籍で200〜300円くらいで販売する予定なので、その前のこれらの暫定電子書籍を100円より高い値で売るのはどうかと思いました。しかし、以前こちらでも書きましたように、現在Kindleで個人が出版するためのシステムKDPでは新たに200円未満の電子書籍は出せない仕組みになっています。(一応、他のストアでの値段と揃えてくれるというルールもあるようなのですが、その申請のしかたがよく分かりません。)

 

そんなわけで、今回はKindle抜きの電子書籍リリースとなりました。Kindleで読まれたい方には申し訳ありませんが、いずれ出す予定の総集本がまとまるまで、しばらくお待ち下さい。

(現段階でもPubooの電書データをKindle端末に送るシステムもあるようですが、私自身使ったことがなく、ちゃんと読める仕様になっているかどうか知りませんので、あまりオススメしません)